飛行機内・・・1

 

海外旅行でまず最初に英語を使うのは飛行機の機内です。

 

 

日本の航空会社なら日本人のキャビンアテンダントですが、海外の航空会社の場合、外国人のキャビンアテンダントのことがあります。

 

日本を出国する場合は、日本語を話せる方もいると思いますが、覚えた英語を早速使えるチャンス到来です。

 

 

飛行機の機内では用事が無ければほとんど英語を話さなくて済んでしまいます。

 

飲み物を頼んだり、寒い場合は毛布をもらうなり積極的に話しかけてみましょう。

 

 

何か欲しいと頼む場合

 

何か欲しい場合

 

[4]・・・Can I have ~?(~をいただけます?)を覚えておけばオールオーケーです。

 

最後にpleaseをつけておけば丁寧になるので更に良いでしょう。

 

例えば・・・Can I have a blanket? (毛布をもらえますか?) で十分通じます。

 

Can を May に変えるともう少し丁寧な表現になります。

 

May I have a blanket? 

 

May I , Can I は(自分が)許可を求める良い方なので、覚えちゃうと万能です。

 

それ自体(例えば毛布)があるかどうか分からない場合は、

 

[5]・・・Do you have ~?(~はありますか?)

 

を使います

 

Do you havea blanket? (毛布ってありますか?) です。

 

あとは毛布の部分を欲しいものに変えるだけです。

 

Can I have beer? (ビールもらえますか?)

Can I have coffee? (コーヒーもらえますか?)

Can I have water? (水もらえますか?)

Can I have coke? (コーラもらえますか?)

Can I have medicine for airsickness? (酔い止めもらえますか?)

Can I have diarrhea medicine? (下痢止めもらえますか?)

Can I have headache medicine? (頭痛薬もらえますか?)

 

こんな感じです。

 

最後にCAさんに何がいいか聞かれたときに(~をお願いします。)と言う表現です。

 

What would you like to drink? (お飲み物は内がいいですか?)

 

何がいいですか?

 

と提案される場合は

 

[6]・・・Would you like~? (いかがですか?)

 

と聞かれます。

 

(What) would you like~? (何かいいですか?

(which)would you like~? (どちらがいいですか?)

あとはのように、疑問詞がつくだけです。

 

答えるときには、

 

I'll have coffee. (コーヒーにします。)

 

と答えます。

 

他にもいい方はたくさんありますが、とりあえず一番短い言い回しの

[7]・・・I'll have~(~にします。)を覚えてください。

have を take にしてもOKですが、haveの方がイメージし易いと思います。

 

今日覚えるべきフレーズは4つ

 

[4] Can I have ~?(~をいただけますか?)
[5] Do you have ~?(~はありますか?)
[6] Would you like~? (~はいかがですか?)
[7] I'll have~ (~にします。~をください。)

 

今日はパターンで4つ覚えてください。

 

中学の授業をまともにウケてれば思い出すだけで行けるレベルですよね~。

 

疑問詞の What と Which が分からない人はグーグル先生で調べてみてください!!

 

先生は何でも知ってます。